いつも節約と貯蓄は背中合わせである

節約は、貯蓄といつも背中合わせだと思います。

節約をすることは貯蓄をすることの第一歩となります。

私は、日ごろから嫁に財布を握られています。

最近では、新築マンションを購入することが決まっています。

しかし、それを逆に考えていい機会だと思っています。

嫁は、月給制の僕の手取り額の給与を逆算して週に落とし込み1日に落とし込んで使っているのです。

ある程度、年間の予定で年末年始の帰省に係る費用とか予めそれも積み立てておくことで計画的に

お金の出入りがわかるということです。

大きな費用が掛かるん場合は、必ず相見積もりをもらうとで費用を叩けるところまで叩きます。

例えば、引っ越しの費用とかは値切るだけ値切り安く引っ越しできました。

また、10,000円以上する家電製品は値切ることが望ましいでしょう。

まずは、小さいことでもコツコツとめんどくさがらずにやっていきましょう。

生命保険料もいろんな会社から見積もりを取って入ってきました。

また、そういう節約の中で今では少し浮いたお金で投資信託をして毎月10,000円ぐらいの分配金

をもらっています。それは、住宅ローンの返済金に充当するつもりです。

基本的に円預金に置いてる限りマイナス金利の影響もあり利息などはないも同然です。