いつも節約と貯蓄は背中合わせである

節約は、貯蓄といつも背中合わせだと思います。

節約をすることは貯蓄をすることの第一歩となります。

私は、日ごろから嫁に財布を握られています。

最近では、新築マンションを購入することが決まっています。

しかし、それを逆に考えていい機会だと思っています。

嫁は、月給制の僕の手取り額の給与を逆算して週に落とし込み1日に落とし込んで使っているのです。

ある程度、年間の予定で年末年始の帰省に係る費用とか予めそれも積み立てておくことで計画的に

お金の出入りがわかるということです。

大きな費用が掛かるん場合は、必ず相見積もりをもらうとで費用を叩けるところまで叩きます。

例えば、引っ越しの費用とかは値切るだけ値切り安く引っ越しできました。

また、10,000円以上する家電製品は値切ることが望ましいでしょう。

まずは、小さいことでもコツコツとめんどくさがらずにやっていきましょう。

生命保険料もいろんな会社から見積もりを取って入ってきました。

また、そういう節約の中で今では少し浮いたお金で投資信託をして毎月10,000円ぐらいの分配金

をもらっています。それは、住宅ローンの返済金に充当するつもりです。

基本的に円預金に置いてる限りマイナス金利の影響もあり利息などはないも同然です。

白湯を飲むことは色々な節約につながります

白湯(さゆ)を飲むと色々なメリットがあります。飲んだことない人からすればただのお湯なんて飲む気が起こらないと思われるかもしれません。一度初めてみると色々良いことが発見できてはまってしまうという人も多いです。白湯を愛飲している有名人やモデルさんなども増えていますので、効果を目にしたことがあるかもしれません。

一番知られているのは健康面でよいということですが、意外にも節約にもつながってくるのです。まず白湯は水道代と沸かすのに使う電気代以外はかかりません。水道水に抵抗があるという人はミネラルウォーターを利用すればよいですが、コーヒーや緑茶などの茶葉もいりません。一度にわかして魔法瓶に入れておけばいつでも飲むことができます。

冬場は体が冷えやすいので白湯を常備しておけば簡単に体を温めることができます。女性の悩みで多いお通じにも良い効果がありますので、便秘薬や専門食材などを買わなくてもすみます。またお肌にも良い効果をもたらしてくれます。またダイエット中の人やお菓子代を節約したい人は、口さみしくなった時に白湯を飲めばおなかも膨れて食欲も満たされます。

簡単に体を温められて暖房代も節約できますし、健康面にも良い効果がある白湯を飲むことはおすすめです。

ミュウミュウのバッグと財布のために頑張って節約!

先日デパートに久しぶりに赴いたところ、まさに好みのツボを押さえたミュウミュウのバッグと長財布を発見。しかし、どちらも10万円ほどするので、はっきり言って今のお給料で買うのはしんどい。就職して以来10年ほど、月2万円ずつ地道に積み立ててきた貯金があるので、それを解約すれば買えるけれど、いざという時のためにも、それには手をつけたくない。

というわけで、地道に節約することにしました。まず、職場には必ずマイボトルとお弁当を持参し、外食費をカット。食費を浮かすために、スーパーには毎日足を運び、見切り品がないかどうかチェック、タイムセールには必ず駆けつけるようにしています。

また、家計簿を改めてチェックしたところ、支出の中で光熱費が案外大きなウェイトを占めていることを発見。これをできる限り浮かすために、洗濯にはお風呂の残り湯を無駄なく使う、また、ウチの家はオール電化なのですが、光熱費を浮かすために早起きし、煮込み料理など調理に時間のかかるものは、電気代の安い早朝にまとめて調理するようにしています。

あと、時間があればパソコンかスマホでポイントサイトをこまめにチェックし、アンケートやゲームでこまめにポイントを貯め、Amazonの金券に換金してネットショッピングに利用するようにしています。小さな努力ではあるけれど、これで月1万円ほど支出を浮かすことに成功しました。

今実践中の家にいる時以外にできる節約

最近、テレビなんかでも家庭で節約できる方法なんかを紹介している事が多いですよね。食品の事や節電など様々です。そういう家でできる事はもう知っている人も多いはず。

私の場合はそれ以外にタバコも吸うし、酒も飲むし、出費といえばたくさんあります。

タバコは1日1箱で400円だと計算して1年で146000円もなります。これはでかいですね。

今実践しているのが仕事の休憩中にタバコの本数を減らすというもの。私の会社は休憩が3回あります。だいたい1回の休憩で2本ぐらい、1日で6?7本吸うのですが休憩中に1本減らして3本分節約しています。たった3本でも月に2箱、3箱。年間で約10000円は節約できます。

愛煙家から見ればタバコをやめろと言われてもなかなかできません。しかし、このぐらいなら実践できるのでは?

後は車の運転にも気を使っています。昔、友人との会話の中でブレーキを多く踏むと燃費が悪くなるという話をしていました。しかし、実際はブレーキでの影響はさほどないようです。某ディーラーで聞いた話だと、それは逆でアクセルを踏むと燃費は高くなるから、ブレーキを多く踏めば、その分加速のためにアクセルを多く踏むからブレーキで燃費が悪くなるように錯覚するのではないかとの見解を耳にした事があります。

そのため、昔はエンジンブレーキを活用していたのですが過剰な使い方は良くないのでほどほどにしています。あまりアクセルを踏み込まない事を心掛けると月に50キロほど長持ちするようになりました。リッターで2、3ほど。年間で24?30リッターになります。

身近な工夫や自分にしかできない節約術はまだまだ数多くあります。それを探して実践してみるのもいいかもしれませんね。